1819円 【Made in Japan・国内製造・汎用品】 紙幅57.5mm 【裏巻】 57.5×300m×35 白紙 ミシン目なし 券売機・食券機ロール紙 【1巻】 【沖縄・離島 お届け不可】 その他 57.5×300m×35,atmitchell.com,ミシン目なし,/karyology857986.html,その他,1819円,【裏巻】,【1巻】,in,【Made,券売機・食券機ロール紙,お届け不可】,紙幅57.5mm,【沖縄・離島,白紙,Japan・国内製造・汎用品】 1819円 【Made in Japan・国内製造・汎用品】 紙幅57.5mm 【裏巻】 57.5×300m×35 白紙 ミシン目なし 券売機・食券機ロール紙 【1巻】 【沖縄・離島 お届け不可】 その他 Made in Japan 国内製造 新着セール 汎用品 紙幅57.5mm 裏巻 57.5×300m×35 お届け不可 ミシン目なし 食券機ロール紙 白紙 券売機 沖縄 離島 1巻 Made in Japan 国内製造 新着セール 汎用品 紙幅57.5mm 裏巻 57.5×300m×35 お届け不可 ミシン目なし 食券機ロール紙 白紙 券売機 沖縄 離島 1巻 57.5×300m×35,atmitchell.com,ミシン目なし,/karyology857986.html,その他,1819円,【裏巻】,【1巻】,in,【Made,券売機・食券機ロール紙,お届け不可】,紙幅57.5mm,【沖縄・離島,白紙,Japan・国内製造・汎用品】

Made 高級 in Japan 国内製造 新着セール 汎用品 紙幅57.5mm 裏巻 57.5×300m×35 お届け不可 ミシン目なし 食券機ロール紙 白紙 券売機 沖縄 離島 1巻

【Made in Japan・国内製造・汎用品】 紙幅57.5mm 【裏巻】 57.5×300m×35 白紙 ミシン目なし 券売機・食券機ロール紙 【1巻】 【沖縄・離島 お届け不可】

1819円

【Made in Japan・国内製造・汎用品】 紙幅57.5mm 【裏巻】 57.5×300m×35 白紙 ミシン目なし 券売機・食券機ロール紙 【1巻】 【沖縄・離島 お届け不可】







この商品は【裏巻】のため、印刷面が巻きの内側です。
用紙種別感熱券売機ロール紙 白紙 ホワイト
ミシン目無し ミシン目ナシ
保存タイプノーマル(5年保存)
サイズ紙幅:57.5mm
長さ:300m
内径:35mm
紙厚:150μ(150ミクロン)
57.5mm×300m×35mm 57.5*300*35
入り数1個

●サイズが合えばあらゆる機種で使用できます。
●紙幅は、通常表示の±0.5mmございます。
●品質にこだわり、メーカーロール紙も製造する工場と提携し、国内製造しております。


●店舗でのレシート・領収書発行はもちろん、金融機関・医療機関での受付票、ガソリンスタンドの給油機用、アミューズメント施設の出玉計算シート用、工場の生産ライン端末機用、飲食店のオーダー端末用、駐車場の券機用、運輸・運送会社のアルコール検知器用、タクシーの車載器用、文具店での試し書き用紙・・・など、様々な場面でご利用いただいております。

●検索用キーワード…57.5mm幅用 57.5ミリ幅用 紙幅57.5mm 紙幅57.5ミリ 券売機用紙 券売機ロール紙 発券機用紙 発券機ロール紙 食券機用紙 食券機ロール紙 チケットロール紙 レジロール紙 サーマルレジロール紙 感熱レジロール紙 レジ用紙 レジ用感熱紙 サーマルレジ用紙 感熱レジ用紙 レジスター用紙 レシート用紙 レシート紙 感熱レシート サーマルレシート レシートロール紙 感熱ロール紙 サーマルロール紙 レジロールペーパー サーマルロールペーパー ノーマル スタンダード

▼▽ 他タイプもご用意しております ▽▼

ミシン目
なし1巻

ミシン目
なし5巻

ミシン目
5:5

ミシン目
6:4

【Made in Japan・国内製造・汎用品】 紙幅57.5mm 【裏巻】 57.5×300m×35 白紙 ミシン目なし 券売機・食券機ロール紙 【1巻】 【沖縄・離島 お届け不可】

エディターズチョイス

弾道ミサイル「スティレット」:特性と写真

NATO分類を通過したStilettoミサイル(SS-19 Stiletto)、または我が国でマークされているRS-18クラスUR-100N UTTHは、依然として最も先進的な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の1つです。世界です。 そして、これは彼女が40年以上前に戦略的ミサイル軍でサービスに入ったという事実にもかかわらずです... Chelomeyのコンセプト 1969年の初秋に、V. N. Chelomeyが率いる中央機械建築設計局と、V. N. Bugayskyが率いるTsKBMの支店1号が、対地クラスのRS-18大陸間弾道ミサイルの開発を始めました。 。 プロジェクトに着手して、V.N. Chelomeyは信頼性があり効果的なミサイルシステムの創設に基づいたコンセプトに従うことを試みました。 そのようなアプローチは配備されたミサイルの総数を増加させるでしょう

興味深い記事

オゾン発生器:利点と機能

推奨されます

人気の投稿